森林浴

 森林浴といえば武蔵丘陵森林公園(2003年5月に行った)を思い出す私だが、先日は都会で森林浴をした。目黒駅から歩いてすぐという都会の中なのに、そこだけが深い森である。それは、国立科学博物館付属自然教育園。あまりに気持ちが良くて、気がつけば3時間も散策していた。

 都会の騒がしさがふと消えたと思うと、木々のざわめきと野鳥の声(カラスは少々うるさかったけれど)、森の小道を歩くさくさくという音、それだけである。世俗のわずらわしさを忘れたひとときだった。また、新緑のもみじの美しさが心にしみた。

 森のところどころには池があり、水辺の植物や水鳥も…。カメさんと戯れ、カモちゃんと遊び、野鳥の鳴き声に耳を澄ます。カメさんは私の呼び声に応えて大急ぎで近づいてくるし、昼寝をしていたカモちゃんは、私の「起きて…!」という呼びかけに、急いで目を覚まし毛づくろいを始めるし…といった具合。

   
2011年5月21日 10:26 | コメント (0) | トラックバック (0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/98536094

この記事へのトラックバック