好みの問題?

 先日から読み始めた「現代のことば 1966−1995」(京都新聞社・編 1999年)はなかなかの本だ。1960年代や1970年代なんて昔々じゃないかと若い人は思うだろうが、私にすれば十分に目を覚まして生きていた頃のことである。
 筆者はその時代の大学教授や学長などといった人が多いのだが、みなさん中身の濃いコトをお書きである。憂えるのは社会の問題だったり、案じるのは世の中の行く末だったりする。間違っても、学力のない学生のための補習をどうするなどといったことではない。たかだか新聞夕刊のコラムに、これほどの(現在の朝日新聞の社説より、ずっと読み応えのある)文章である。それを普通の人が普通に読んでいたのである。しっかりしなきゃぁ…と思う。

***


 29日付朝日夕刊文化面に、『消え行く「作家像」』という記事があった。名の知れた小説家が筆名を伏せたり別の筆名や複数で書いたりし始めた、というのだ。作家像と物語を切り離そうとしている、というのだ。
 「作品が作家個人のものに帰属しすぎている」
 「1人の作家の価値観を押しつけるのではなく、読者が2人の作家のどちらに視点を置いて読むのか、選択できるようにしたかった」
 「高い位置にいる作家が特赦を導く構図。物語の読み方を、読者に返すことも必要ではないか」
 「誰が書くかより、どう読まれるかが大切だ」
…これらが、「作家像と物語を切り離そうとしている」人たちの言い分らしいが、私は基本的なところからして、これらには全く納得がいかない。

 小説(イマドキ文学とは言わないらしいのも気にいらないが)に限らず、作品とはなにか?と考えた場合、作家自身を作品から切り離すなどということは考えられないしあり得ない。極端な言い方をすれば、作品は作家の骨身を削ったものだ。だからこそ惹かれるのだ。
 もっとも、この記事でも「小説」(文学ではないのは言うまでもなく)ではなく「物語」という言葉を使っている。ケータイ小説の物語主義…というヤツね。娯楽的読み物にはなり得ても、それだけ、だ。それをもって「小説の可能性が広がると思う」というのは、ちょっとっ違うような…。
 このような時代の風潮と、先日のアイデア流用しての新人文藝賞応募や全くの盗作詩での応募は関連があるのでは、と言っては言いすぎか?
2010年10月30日 16:15 | コメント (0) | トラックバック (0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/98536087

この記事へのトラックバック