雑念、雑感、雑用

 気がつけばGWが始まっていた。GWだといっても普段と変わりない生活が続く。そして、はて?今日は何の日だったっけ?と思う。4月29日は…天皇誕生日、じゃなくて、みどりの日、じゃなくて、そうそう、昭和の日というのだった。

 昭和の日は、「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」日と位置づけられている。続いて、5月3日の憲法記念日は「日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する」日であり、5月5日のこどもの日は「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」日だそうだ(父母に感謝…ではなく母に感謝…とはね)。そしてその間の5月4日の、ついでに休みにしてしまえぃとばかりに祝日となったみどりの日は、「自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」日となっているそうだ。

 こうしてみていくと、いつも感じることだが、祝日は本来の意味の記念日だけでいいじゃぁないか!と思う。その出来事、事柄を、後々まで忘れないために、あるいは後世に伝えていくために記念日としたものだけを祝日(休日)するのがいいと思うのだが、今では祝日の大安売りである。はっきりいって、バカみたい…と思う。
* * * * *

usa.jpg 先日衝動買いしたiPod shuffleは重宝している。この写真のうさ君の、妹分の白いうささんがベッドの上で、シャツにiPod shuffleを付け耳にイヤホンをかけ待機している。毎夜聴きながら寝るのだが、幸いなことにというか呆れたことにというか、気がつけばまともに2曲は聴いていないのだった。1曲半くらいでスゥーと寝てしまっているらしい。ひと眠りしてはっと気がつき、OFFにして改めて寝るらしい。それじゃ最初から聴かなくてもよさそうなものでは…とも思うが。

 iTunesで曲を購入するという、なんとも不可思議な恐ろしいことにも挑戦してみた。前から気になっていたアルバムが1500円である。ケースも解説書もなしだとこういう値段になるということか…などと思いながら、恐る恐る購入した。購入したといっても、「このアルバムをダウンロードしたい」というだけである。いくつかの事柄を確認されて、いいよぉと答えると曲が次々にダウンロードされる。あっという間である。あっという間に1500円である。その1500円はどうやって支払うのだろう???などと思っていたが、何のことはない、あっという間にクレジット払いになっていた。あまりの手軽さに身震いした。CDを購入したという実感がないままに、私のパソコンに入っているのである。
 1曲単位では200円だ。ロト6と同じ値段である。あまりにも気軽過ぎる値段だ。ホイホイと購入するのは怖い気がする。もっとも、私には欲しい1曲を見つけるのが容易ではないから心配はいらないが。
2008年4月29日 9:15 | コメント (0) | トラックバック (0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/98536025

この記事へのトラックバック