ある日の出来事

 まだまだ暑い日が続くのだろうか、もうたくさんなのだけれど。カンカン照りのアスファルトの坂道はつらいので、暑い間は図書館通いはお休みだ。代わりに文庫本を買うことにした。次に買いたいと思っているのは、この2冊。ともに中公文庫、8月25日発売である。

「六本指のゴルトベルク」青柳いづみこ・著

「怪異考/化物の進化 寺田虎彦随筆選集」千葉俊二/細川光洋・編

 

 それはさておき、とても人には話せないようなことがあるのだけれど。この際だから書いてしまうと...。実は転んだというか、ひっくり返ったというか、落ちたというか、それら全部をひっくるめたことが一瞬のうちに起きたのだ。当然、あちこちに打撲、擦り傷である。一瞬の出来事ではあったが、まるでスローモーションの映像のように自分が転がりひっくり返り落ちていくサマが見えた。

 棚の上に箱に詰めた荷物を置こうとしていた。脚立を出せばよかったのだが、スチールの脚立は運んでくるのが一苦労だ。ツイずぼらをした。ベッドの上に乗ってすませようとしたのだ。ベッドの上にはさらに何箱かを積み上げてあった。

 持ち上げた箱が手から滑り落ちた、と同時にバランスを崩した。あとはナダレである。ワタシの体は積み上げた箱の上に倒れ、箱はナダレを起こし、支えを失ったワタシの体は数個の箱とともにベッドから床へ崩れ落ちていった。手からすべり落ちた箱はワタシの左足首を直撃し直径5cmの打撲、積み上げてあった箱の角でワタシの右手肘に派手な擦り傷(小さいが少し深い)と直径5cmの打撲、ベッドの上からはユッタリと落ちていったのでそれ原因の怪我はなかった。こんなショックでみっともない話、やっぱり人には話せないでしょ?

2012年8月27日 9:36 | コメント (0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: