消費電力次第?

 計画停電に煩わされずにすむようになり、少しは落ち着いて過ごせそうだ。今朝の新聞には、経済産業省の内閣官房・節電啓発担当の名で「節電協力に対するお礼」の広告が載った。毎日の「電力の使用状況グラフ」を見ていてもよくわかるが、本当にみんなが本気で節電に協力しているのだ。
 駅構内の天井の照明をみると、4つに1つの割合で点灯していた。薄暗いとはいえ、昼間ならこれでも大丈夫だ。エスカレーターは停止していたが、エレベーターは動いていた。これもOKだ。必要なものには使いながらも使い方には工夫をする、ここからもみんなが本気で節電に協力していることがわかるではないか。

 早めにノートPCを買ってしまったために、まだ使えるモニターの「その後」が問題になった。PC本体のほうはもとからの約束で我がパソコンのセンセイに引き取ってもらった。問題はモニターをどうするか?だ。
 我がパソコンのセンセイにお知恵拝借と相談にいくと、ケーブルでテレビにつないではどうか?と言う。ケーブルを買い足したりといった経費はかかるが、消費電力はモニター(HP 1859m 18.5インチワイド液晶モニター)は29Wなのに対し、テレビ(SONY WEGA KV−29DS1・2000年7月購入)は145Wである。節電になるうえに、ダイニングテーブルのそばの背の低い本棚に置くと「ちょっとニュースを…」というときに便利である。決断も実行も早い私のこと、すぐにやってしまった。

 東京電力のために節電をしているわけではない。自分自身のためだ。今年も去年のような極暑の夏になれば、停電は苦行となる。そんなのは耐えられない。だから今から…なんて、まるで私はアリさん、ね?
2011年3月31日 10:50 | コメント (0) | トラックバック (0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/98212407

この記事へのトラックバック