イマドキのカンニング

 各地の大学入試が揺れている。「ヤフー知恵袋」とやらに入試問題が書き込まれ、その解答を広く求めるという手口である。大袈裟に関係者が記者会見を開いた大学もあったようだが、所詮カンニングである。ただ手口がイマフウだというだけのこと。

 カンニングといえば、昔から試験にはつきものである。よからぬことであるには違いないが、それは当事者の問題だ。大学の関係者がずらっと並んで会見するほどのことではない。ましてや、メディアが騒ぎ立てることでもない、と私は思うけれど…?

 入試に限らず普段の勉強でも、数学などの問題の「解答を教えて!」という書き込みは日常的にあるらしい。私などはあほか…と思うけれど。
 メディアで問題とするなら、「ヤフー知恵袋」に入試問題の解答を求める書き込みがあったということより、あほが何故こんなに増えたのかということのほうが重要なのではないか、と私なら思うけれど?
2011年3月 2日 8:36 | コメント (0) | トラックバック (0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/98212397

この記事へのトラックバック