月を愛でる

 昨夜の月は、地上の明かりをすべて消し去って眺めたいほどに美しかった。一転して今日は朝から雨。地域によっては大雨だという。朝日新聞朝刊の一面には、その昨夜の月の写真が乗っていた。一緒に写っているのはは東京スカイツリーである。そして、記事の文がふるっている。スカイツリー完成後の来年の十五夜には「串だんごのように」見えそうだ、というのだ。お月見は串だんごではなく、やはりまんまるのお団子でなくちゃ…。というわけで、今日はお月見だんごを食べよう。

 先日上野のシャガール展へ行った折、東西めぐりんという小さな循環バスに乗って浅草へ出た。ああ、ここがかっぱ橋なのね…などと車窓を楽しんでいると、バスの真正面にスカイツリーが出現した。思わぬところで建設中のスカイツリーを目にして、あら、ま?こんなところに?と驚いた。関心がないとはこういうことである。高所が苦手な私である。間違ってもスカイツリーには登らないぞと、かたく心に誓った。

 浅草がことさら好きというわけではないが、隅田川の橋めぐりがまだ完了していなかったのを思い出し、11月には循環バスの北めぐりんに乗って、言問橋と桜橋を散策しに隅田公園へ行く計画を立てた。
 やっと猛烈な夏の暑さも消え、楽しみな秋がやってくる。10月は三井一号館美術館へ、11月は隅田公園へ、12月はランチタイムコンサートへ…。
2010年9月23日 11:13 | コメント (0) | トラックバック (0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/98212346

この記事へのトラックバック