マメをつぶす

 パソコン机の下に、組み立て式のちょっとした棚を置くことにした。ネジを8個取り付ければいいだけだ。簡単!簡単!と、朝一番でとりかかった。あいにく手元には柄の短いドライバーしかなかった。ネジ8個だからいいか…と気楽に考えたのが間違いの元だった。

 ネヂネヂネヂとドライバーを握る手に力を込めてまわしていたら、中指の真ん中にできたマメがつぶれていた。皮はどこへ行ってしまったのやら、生身がむき出しである。これは痛い。いつのまにかすっかりやわな手になっていた。これしきのことでマメができるなんて…。
 生身は石鹸が沁みる、シャンプーが沁みる…、何をするのも痛い。それから3日。やっと皮(皮膚のこと、ね)が再生した。適した道具を使わないと、こういうことになるのだ。ちょっと反省した。
2010年7月10日 9:45 | コメント (0) | トラックバック (0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/98212324

この記事へのトラックバック