あっ、この本!

 日曜日の新聞読書欄から…読みたい本。
「ぼんやりの時間」(辰濃和男・著 岩波新書)

 「ぼんやりしている」と「ぼんやりと過ごす」では、その意味は全く違う。「ぼんやりと過ごす」のは意識的であるし、意思的である。ぼんやりさんにはぼんやりと過ごすことなどできない…というのが私の思い。

 「気になる本」のリストに書いておこう〜っと!
2010年5月23日 9:51 | コメント (0) | トラックバック (0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/98212310

この記事へのトラックバック