失敗 第2弾

 第1弾の失敗はほぼ2ヶ月前のことだった。そして今日の第2弾、またしてもカルチャーセンターからの帰りだ。「焦ったりすると、モノゴトの前後左右の関係がつながらなくなってきた」という自覚はあったはずなのに。今回も原因はここにあった。

 いつもは私鉄を利用するのだが、今日は、帰りに寄り道をする用があったので帰りはJRに乗った。慣れない場所ではなかった。乗り慣れない路線でもなった。熟知しているはずの駅だった。それなのに…。

 快速の発車時間が迫っていたので、乗れるかも?と階段を駆け上がった。電車が見えてみたところで、なぜか「行き先が逆だ」と思い込んだ。慌てて駆け下り、逆方向の電車を探した。2,3分後に発車だった。やれやれ…と乗り込んだのはいいが、走り出してみると見慣れない風景が走り去っていく。これはどこを走っているのだろう?まるでいつもの夢のようではないか、ここはどこ?と思いはじめたとき、次は○○という放送が流れた。え、えぇぇぇぇ〜?逆ではないか!

 乗車駅はホームの数が10もある。そのうえ、快速は時間帯によってホームが異なる。連れて行かれた駅から戻るときに乗ったのは各駅停だったのに、普段は快速がとまる9番線に着いた。乗るべき方向の次の電車は3番線から出るという。それより数分前に発車する各駅停は1番線だ。人々が右往左往する駅構内をあちらへこちらへ。もうそれだけでパニックだ。

 「決まりきったこと、自分の日常を続けている限りは大丈夫なのだ。問題は突発的なことが起きたときだ。対応はできるのだが、そのことを自分の通常にうまく組み込めないのだ」という自覚はある。あるが、ものごとが予定通りすすまないと、突如として焦りだす。何が不安なのか自分でもよくわからないのだが、焦りだす。本気で気をつけないと、次は怪我をしそうだ。 

 今日は異様に気温が高かった。そのせいか?老化現象なんかじゃぁなくって、サ…?
2010年3月16日 18:28 | コメント (0) | トラックバック (0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/98212284

この記事へのトラックバック