どうする?新型インフルエンザ対策

 今日から9月。小学校の始業式は、各教室で放送を通じて行ったという。もちろん新型インフルエンザ予防のためである。家から外へ出ている限り避けようのないこともあると思うが、各教室での始業式にどれほどの予防効果があるのだろう。
 予防といえばワクチン接種しかないが、厚生労働省の検討案を見ると、私の分のワクチンはなさそうだ。運悪く感染しても運よく重症にならずに治癒すればいいが、そうでない場合は諦めるしかないようだ。

 10年以上前になるだろうか、後から思えばあれはインフルエンザ(普通の、だけれど)だったのだと思うのだが、40度近い熱がほんとうに1週間続いたことがあった。当然何も食べられず、水さえ喉を通らなかった。ただベッドに臥せっていた。飲まず食わずで、発熱のため体力を消耗すれば、1日に1kgずつ体重が減っていった。それでも元来丈夫なのだろう、1週間後には食べられるようになり熱も下がった。そしてまた元通りに…。

 そんな私だから、たぶん運悪く新型インフルエンザに感染しても大丈夫だろう…、そう思うことにした。でも、家族が感染したら…?それは、とても心配である。
2009年9月 1日 18:29 | コメント (0) | トラックバック (0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/98212218

この記事へのトラックバック