変わる?変わらない?変わる?変わらない…?

 昨日は用があって朝から外出し、帰りは一番暑い時間だった。とにかく暑かった。日陰を探し、木陰を求め、日傘をさしていても干上がりそうだった。喉の奥がはりつきそうに感じて、初めて自分が水分不足に陥っていることに気がついた。家では気をつけて水分補給をするが、外出中は忘れてしまう。気をつけねば…。

 さて、今日は一転して気温は低め。それはいいが、台風が近づいているという。強風で枯れた葉が舞い散っても困るので、朝から大急ぎでゴーヤの片づけをした。はさみで幹をじゃんじゃん切っては、ズイズイとネットから引っぺがしていった。これはこれで、思い切りよくやるとストレス解消にいい。…というわけで、これにて本年度のゴーヤは終了である。

 そして、ついに今日は衆議院選挙の投票日。おもしろい選挙ではなくなったので迷ったが、とりあえず投票に行った。行って驚いた。人々が行列をしていた。どんな想いで投票するかは人それぞれだろうが、これが果たして関心が高いといえることなのかどうかはよくわからない。
 あそ〜さんの組が土俵際で寄り切るのもおもしろくないが、はとさんの組が圧勝というものおもしろくない。困ったね…。

 投票所は地元の小学校。子どもが卒業して以来、足を運ぶことはほとんどない。歴史のある古い小学校であるため、当然ボロになっている。体育館の工事中だったため、投票所は昇降口になっていた。かわいい靴入れの間を通り抜けて手続きをし、廊下で投票を済ませ、別の靴入れの間を通って外へ…。

 小学校では都合3年間もPTAに関わっていたため、何度も通った小学校ではあったが、久しぶりに入った校舎なのに何の感慨も湧いてこなかった。すべてはもう、過去のできごとになっていたのだと思い知った。子どもがお世話になった先生は、私とは担任と保護者という以上のお付き合いだった先生だったが、すでに亡くなっている。その悲しみにしっかりと蓋をしてしまったことが、それ以外の感慨も消失させたのかもしれない。

 選挙がすむと8月も終わり。どんな9月がやってくるのか、期待していいのか、それとも覚悟した方がいいのか。それは私たち次第?それとも、政党次第?
2009年8月30日 11:12 | コメント (0) | トラックバック (0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/98212216

この記事へのトラックバック