本を読む、文章を書く

 本を読む熱意を失ったらオシマイダという思いがあって、今日もがんばって図書館に出かけた。借りてきた本は次の3冊。

「ネコを撮る」(岩合光昭・著 朝日新書)…朝日新書は読まないと宣言していた私だが、岩合さんは別。
「中年記」(外山滋比古・著 みすず書房)
「へんな立体」(杉原厚吉・著 誠文堂新光社)…ひとつ作ってみようか。

 文章を書くことは自分を整えることであると、いつかどこかで読んだ。朝起きたら身支度を整えるように、日々人間として自分自身を整えることは大事なこと。しかし、それがなかなか難しい日々もある。そんなときは、どうすればいいのかなぁ…
2008年3月25日 18:39 | コメント (0) | トラックバック (0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/98211852

この記事へのトラックバック