奇奇怪怪な事件

 雪が降って、降って、降って、降り続いて、積もって、積雪6cmにもなった。雪の知識のある奇特な人が雪掻きをして道を作っておいてくれたが、ゴミステーションまでゴミ出しに行くのもひと苦労だった。歩けないのだもの。
 首都圏では、転倒したりして怪我をした人が200人もいたそうだ。そうでしょうとも、そうでしょうとも。歩けないのだもの。スッテンコロリンなのだもの。今日は、明後日のためのお土産を買っておきたいのだけれど、困ったなぁ…歩けないのだもの。昼頃にはとけるだろうか…。

 「中国産冷凍ギョウザ中毒事件」でメディアは今日も騒がしい。次々と問題が波及していくのだから奇々怪々である。暫定税率問題を隠蔽するために今頃になって騒いでいるのではという人もいれば、中毒事件が公表される前にJT株の売りが殺到し、株価が急落したとしてインサイダー取引が疑われたりと、なにやら非常にヘンである。事実関係が不明な時点であるにもかかわらず、中国を敵視するどこぞの知事さんなどは「それみたことか、だから中国は…」的な発言をしたりしている。気をつけないと、そもそもの問題点がわからなくなりそうだ。
2008年2月 4日 9:02 | コメント (0) | トラックバック (0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/98211811

この記事へのトラックバック