きょうの「ぶんか」

 タテカンのない京大なんて

 東大といえば赤門、京大といえばタテカンである。赤門が権威の象徴だとすれば、タテカンは自由の象徴だ。そのどちらも文化であることは間違いない。「京都の優れた景観」づくりを進める政策の一つが「屋外広告」の規制だという。それはわかるが、街中にあふれるお店ののぼりと大学周辺のタテカンは別物だ。タテカンは単なる広告ではない。現在はどうか知らないが、私が京都にいた頃のタテカンは自由な主義・主張の表現だった。タテカンのない京大なんて全くもって味気ない。

2018年5月23日 9:28 | コメント (0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。