DVDを観る

 MUSEのCDを買ったらDVDとセットだった。せっかくだから観ることにしたが、機器の操作法がわからない。TOSHIBA REGZA DBR-Z420の取扱説明書を引っ張り出した。まずディスクを入れなければ何も始まらない。恐る恐るOPENのボタンを押すと…大変なことになっていた。ディスクをのせるトレーが埃まみれだ。ギョッとした。思い起こせばこんなところまで念入りに掃除をしたことはなかった。
 無事にDVDをセットできて、再生が始まった。そもそもロックのライブなど見たことがない私には比べようもないが、十分に楽しめるものだった。ひとことで言えば、とても凝っている。
 ブルーレイディスクレコーダーは、以前から使っていたテレビ台に乗せてあった。古い古いテレビ台なので奥行きはかなりある(中は2段の棚になっていてガラス戸がついている)。薄いモニターを置いても前が空いている。ケーブルをいくつも繋がなくてはならないので、モニターの前にディスクレコーダーを置いたのだ。ディスクレコーダーもパソコンなどと同じで、裏側から空気を取り込んで?熱くなるのを防いでいる?のか…?と気づくべきだった。
 新しいテレビ台(2段の棚)を買うことにした。奥行きは30p。上段に置くことにした。裏側はケーブルを通す直径5p程の穴があるだけ。下段にはミニコンポ。すっきりした。DVDの再生法もわかったし、レンタルDVDというのもあるらしい。ちょっとだけ…だが、世界が開けた気がする。
最近、花札を始めた。息子の帰省時にいちから教えてもらいながら「こいこい」とやっている。まだまだ初心者で役などが覚えきれないでいるが、新しいことを始めるのはちょっと楽しい。

2018年2月 6日 9:18 | コメント (0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。