9月の新学期

 東京新聞「筆洗(8/28)」に、『残念ながら、新学期の到来を告げるチャイムが耐えきれぬほど重く暗く聞こえる子どもがいる。内閣府の調査によると過去、新学期が始まる地域の多い九月一日は十八歳以下の子どもの自殺が最も起こりやすいという』…とあった。その9月1日はすぐにやって来る。学校という場所は、なぜそれほどまでに子どもにとってつらい場所なのか…私は今以てわからないが、誰にでも、やがては、いつかは、「学校へ行こうかなぁ」と思える時が来ると私は思いたい。
 中高一貫女子校の高1の4月新学期から、私にとって学校は耐え難いほど辛い場所になっていた。登校拒否という言葉も不登校という言葉もなかった時代である。休んで家にいても、耐え難いほど苦しいのは同じ。自ら望んでというわけではなかったが、私はカウンセリングを受けることになった。初めは全身全霊で拒否していたが、ある一瞬その医師と私の間に細い糸が1本つながった。この大人は信用してもいいかもしれないと思った瞬間であった。
 信頼関係ができれば、多くの言葉は不要である。私は思うことを書き連ねたモノを持っていくだけ、真摯に私と向き合ってくれた医師は私の前でそれを黙って読むだけ…という面会が続いた。そして夏休みが終わろうとしていたある日、私は突然「9月から学校へ行こうかな」と思い、何の説明も付けずそれを伝えた。医師からはひとこと、「その言葉を待っていたんだよ」と返ってきた。私は無言でうなずいた。
 再び行き始めた学校に変化があったわけでもなく、私の何かがが変わったわけでもない。だたその時が来ただけだったのだ。私のまわりに信用できる大人がいないのもこれまで通り、学校がつまらない場所であるのもこれまで通り。ただ、そういうことはどうでもよくなっていた。ツマラナイ授業を受け、家では時間を忘れて数学ばかり勉強していた。女子高しか知らないような先生とは全く違う、公立を定年で退職し女子高に来たオジイチャンの数学の先生に認められ、たとえようもなくうれしかった。自信になった。 
 『悩む子どもは大人に助けを求める「キンコンカンコン」を鳴らしているはずである。ただ、その音は極めて小さい。感度の良い耳を備えたい。大人の夏の最後の宿題である』…と、東京新聞「筆洗」の筆者は言う。大人に自分の問題と捉えよといっているのだと思う。学校としてはどうのこうのとか、指導がどうのこうのとかではだめだということではないか、と思う。

2017年8月29日 8:51 | コメント (0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。