家計簿

 家計簿は、いちおうつけている。家計簿ソフトは使わない。本屋で売っているノートタイプも使わない。表計算ソフト(Calc)で自作したものを使っている。しかも何度も作り直している。最近も作り直した。
 お金の動きを記録し見るための家計簿なので、卵がいくら牛乳がいくらだったというような記載はない。いつの頃からか、現金での買い物がぐっと減った。スーパーでもカード払いだ。それに合わせて家計簿を作り直したわけである。
 なぜカードを使うことが多くなったのかとつらつら考えてみると、ATMの手数料が原因のようだ。なぜ自分のお金を引き出すのに銀行に手数料を払わなければならないのか。機械の使用料?窓口扱いをやめたのは銀行側の都合ではなかったか?等々、言い出したらキリがない。
 一目瞭然の家計簿を作りたいのだが、これがなかなか難しい。項目が多すぎるのだ。銀行も数行使っている。カードは2枚だ。現金払いも当然ある。一目瞭然の家計簿を作るのは、超激辛数独より難しいのである。

2017年8月 5日 8:15 | コメント (0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。