外観

ペン
人は見かけによらぬもの、ということわざもありますが…

電車内での出来事です。始発駅から各停に乗りました。3人がけシートの端に座りました。しばらくして一人の高齢者?が乗ってきました。どこに座ろうかと廻りを見回して、私の隣に決めたようでした。リュックを背負いキャリーに山のような荷物(青いビニールシートらしきもので包まれたもの、あちらこちらを荷造り用のテープで補強してある)をのせて引いていました。リュックを背から降ろしその荷物のうえにのせ準備完了、座るのかと思いきや、なにやらスプレーを取り出し、自分が座る場所に吹きつけました。そしておもむろに腰を下ろすと、次は手を消毒するスプレーのようなものを取り出し、入念に手にこすり付けました。それからリュックからパンを取り出しました。食べるようでした。でも、大きなマスクをしていました。すると、マスクを片手で持ち上げ隙間をつくり、もう片方の手に持ったパンを下から差し入れひとくちかじると、マスクを持ち上げた手を放しマスクの中でもぐもぐ…。それを何度も繰り返していました。
そこらあたりでやっと降りる駅に着いたので、私はそそくさと下車しました。

どんっ(衝撃)最初は「オバアサンのホームレス」に近い人かと思いました。その次は異様に潔癖症の人かと思いました。それから先は、もうわけがわからなくなりました。コノ人は何者ぢゃ?と混乱するばかりでした。近頃は、他人がみな不審者に見える人もいるようです。自分が理解できない行動をとる人がいれば不審者とみなし110番する人もいるとか聞きます。人は外観では理解できません。だからといって、変人だ、不審者だというのも、どうなのでしょう?

2015年10月21日 13:03 | コメント (0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。