見た目

ペン
外から見たようす・感じ。当然、「他人の目から見た…」ということです。

献血に行くと医師による問診を受けます。昨日は、初めて出会った若い男性医師でした。いつもはかなり年配の男性かそれなりのおとしの女性です。私は少しイヤだなと思いました。相手は一瞬「バァさんが来た」という顔をしました。その後の問診の仕方が、なんというか私を(私のボケ具合を?)確かめるかのようで不快でした。確かに高齢で献血する人の割合は低いでしょうが、献血をする条件が整っているから献血に行くわけです。

「騙されん音頭」で被害に遭いやすい高齢者を対象に福祉施設などで注意を呼びかける(愛媛県)、警視庁と郵便局などが協力し「オレオレ詐欺撲滅パトロール中」というステッカーを貼った郵便車両を走らせるほか、65歳以上の高齢者がいる世帯に被害防止を呼び掛ける暑中見舞いのハガキを送る(調布市)…というように、さまざまな取り組みがされています。銀行の案内係がやたらと話しかけてくるようになったのも詐欺被害防止対策だったのですね。

ちっ(怒った顔)高齢者が高齢者に見られるのは自然なことですが、「高齢者」というだけで「十把一絡げ(いろいろな種類のものを、区別なしにひとまとめにして扱うこと。また、一つ一つ取り上げるほどの価値がないものとしてひとまとめに扱うこと)」に扱われるのは釈然としません。

2015年8月12日 9:13 | コメント (0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。