実学

ペン
社会生活に実際に役立つ学問。医学・法律学・経済学・工学など。

文部科学省が全国の国立大学に対し、人文社会科学系の学部・大学院のあり方を見直すよう求めた通知を出したのはツイ最近のことでした。口に出しては言わなくても、「すぐに役に立たない分野は廃止を」「実学だけでよろしい」といっているのと同じことですね。
荒川洋治・著「文学の空気のあるところ」(中央公論新社 2015/6/10発行)の書評「人間性に係わる実学を見渡す」が朝日新聞に載っていました。
荒川さんは「文学は実学だ」と強調しているといいます。「人間性に係わり、人間をつくるものという意味で虚学ではない」と。また、「知識を求めない世界」でも人は生きられるが、「知識が乏しいと、感性も狭まっていきます」とも。

本荒川さんの言葉はいつも鋭い。そこが好きです。この本も読みたいなぁ…。

2015年8月 2日 15:16 | コメント (0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。