平均寿命

ペン
年齢がX軸、生存数という関数をY軸とします。年齢が増えると、自然と生存数は減って行き、右下がりの曲線となります。ある年齢で垂線を引くと、垂線の左上側と右下側に図形ができます。平均寿命というのは、この2つの図形の面積が等しくなる年齢に相当します。

ひと昔前までは平均寿命がまた延びたといってはニュースになっていましたが、近頃は聞きません。おととしの平均寿命は男性80.21歳、女性86.61歳だったそうです。女性の平均寿命は2年連続「世界1位」、男性の平均寿命は初めて80歳を超えたそうです。(今日のニュースでは、去年の日本人の平均寿命は、女性が86.83歳、男性が80.50歳だそうです。女性は3年連続で世界1位、男性はおととしよりも順位が1つ上がり世界3位。

私は高齢者枠に入れられて、そうか…、後期高齢者枠まであと10年か…、すると、80歳まではあと15年…エェ〜?あと15年!?と慌てました。ウチの家系はみな80歳ちょっと超えたくらいまで生きたから「とりあえず私も80歳すぎまで」を目標にしていました。でも、コレは何の根拠もないことだと、姉のひとりが60歳台前半で急死したとき思い知りました。それに、あと15年はちょっと少なすぎる…とも思います。やりたいことがまだいくつかあるんですもの…。

女性の平均寿命がすでに86.61歳まで上がっているのであれば、私がその年齢になる頃にはさらに上がっている可能性もあるということですね。目標を「とりあえず90歳まで」と変えました。

近頃は「健康寿命」が重視されています。「健康・医療戦略推進法」なるものもでき、政府は40〜74歳の健診の受診率を80%に上げて、日常的な介護なしで暮らせる健康寿命を1歳でも延ばそうと考えているそうです。
人間は死ぬ(寿命を終える)ために病気になるといえなくもないと私は考えているので、「健康長寿社会の形成」云々という「健康・医療戦略推進法」にはすっきりしないものを感じます。

わーい(嬉しい顔)「とりあえず90歳まで」と変えたと息子に言うと、「目標を持つことはいいことだよ」とさらりと言われました。

2015年7月30日 9:57 | コメント (0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。