少年

ペン
おかあさん、だめだよ、歩道は…

車道の端を自転車で走っていた少年(小学校高学年くらいか)が後ろを振り返りつつ、自転車で歩道を走る母親に言ったことば。

学校では交通安全教育があります。「道路交通法上、自転車は軽車両と位置付けられています。したがって歩道と車道の区別があるところは車道通行が原則です」と教えられているのでしょう。教育が行き届いているようです。
親に対してこういうことが言える少年はりっぱだと思います。
その歩道は「自転車及び歩行者専用」ではありましたが…。

<「自転車及び歩行者専用」では、歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行。すぐに停止できる速度で、歩行者の通行を妨げる場合は一時停止しなければなりません>と「自転車安全利用五則」で決められているそうですが、守られているとはいえないのが現状です。

信号時には、子どもに従いましょう。

2015年7月 6日 8:00 | コメント (0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。