一からお勉強

ペン
安倍政権と考え方が近い文化人を通し、発信力の強化を目指そうと、首相に近い若手議員が立ち上げた勉強会「文化芸術懇話会」の初会合が25日、自民党本部であった。

朝日デジタル(6/25)の記事より。
<大江健三郎氏が呼びかけ人に名を連ねる「九条の会」などリベラル派に対抗するのが狙い>だといいます。
37人参加。若手議員以外は、官邸からは加藤官房副長官、講師役は百田尚樹氏。
以下の意見が出たそうです。
・広告を出す企業やテレビ番組のスポンサーに働きかけて、メディア規制をすべきだ。
・悪影響を与えている番組を発表し、そのスポンサーを列挙すればいい。

リベラル派に対抗するためといいますが、作家にしろ憲法学者にしろ、自由に発言をし行動を起こすことができるのはひとりの国民だからです。そして、ひとりの国民が団結しているのです。
政権と考え方が近い文化人が、同様にその主張を発言し行動を起こすのは自由です。でも、その旗振り役を国会議員がするのはどうでしょうか?

パンチ「経団連に働きかけ、マスコミ懲らしめを」ですって?
人権侵害ではありませんか?

2015年6月26日 10:16 | コメント (0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。