当世決まり文句

ペン
多様なことばで社会をときほぐそうとしてきたのが批評。

朝日新聞(6/14)読書欄 「著者に会いたい」より。
『紋切り型社会』-言葉で固まる現代を解きほぐす-の著者、武田砂鉄さんのことばより。
「こんなときはこんな言葉を使うもんだよね、ということを繰り返して、本当に考えるべきことを考えない。今の社会は、そのことにちょっと無自覚すぎるんじゃないか。」と、著者は言っています。

パンチ同感です(私の読みたい本リストには入りませんが)。
テレビのマイクを向けられた小学生が、「こんなときはこんな言葉を使うもんだよね」と学習した結果、おとなのミニチュアみたいになっているのを見ると、末恐ろしくなります。

2015年6月15日 6:47 | コメント (0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: