きょうの「はやり」

 イマドキのハヤリ言葉「半端ない」

 このところいたるところで目にし耳にするこの言葉。状況からみて最高級の誉め言葉として使われているようだとはわかるが、私にはとても不快な響きに聞こえる。褒めるなら真正面から褒めればいのに…と思う。
 何故そこまで捻じれた表現を使うのか(かっこいいと思うのか)、私にはさっぱり理解できない。理解できないを通りこして、とても不快である。


2018年6月25日 7:55 | コメント (0)

きょうの「やるき」

 やる気を出してやる木を育てる

 コクヨが来年春に発売を予定しているIoT技術を応用した文具の名がやる木。鉛筆に装着して書いた量を見える化する文具だという。せっせと書いてスマホのアプリの中でやる木を育て、その成長に応じて文具がもらえるサービスも検討中だそうだ。これだけのことの対価が5千円というのは安いのか高いのか…判断が難しい。
 
 これからの時代はあらゆるモノをネットに繋げるということを目指しているようだけれど、できることとすべきことと、した方がいいこととしない方がいいことはそれぞれ全く別の問題ではないのかなぁ…という気がする。

 もっともコレは、クラウドファンディングで資金を募っているそうだから、本当に販売されるかどうかは未定なのだろう。私の予想では…資金は集まらないのでは?と思う。だって、バカバカしいもの。

2018年6月 9日 8:13 | コメント (0)

きょうの「ちっ」

 後ろで舌打ちされた

 習い事に出かけた帰り、駅近くのコンビニへ立ち寄った。数点買物をして財布をリュクに仕舞おうとしていたら、後ろの人に舌打ちをされた。狭い店内で、通路も狭く出入り口も狭いコンビニである。レジを済ませたらすかさずベルトコンベアーに乗せられたモノのように出入り口に進まなければいけないことは重々承知していたが、私は荷物が多くてもたついた。自分が後ろの人に迷惑をかけていることはよくわかっていたので、「すみません」と謝ったが後ろにいた人に苛立たし気に舌打ちされた。…とても悲しかった。

 その男性は店を出てからも、店の前で待っていた?女性と少し年配の男性に対しても苛立っていた。荷物がどうのこうのと呟きながらまた店内に戻ってきた。雨も降っていたし苛立つことが続いていたのかもしれないが、舌打ちするのはやめてほしい。

 様々な公共の場所で取るべき行動の型はわかっていても、できない時があるのが高齢者だ。高齢者なのだから大目にみて欲しいというつもりはない。若い人のように身軽に素早くは動けないから時間がかかるのだ。そのことを本人もつらいと思っている。だから、お願いです、追い打ちをかけるような舌打ちだけはしないで…ね。

2018年6月 6日 17:43 | コメント (0)

きょうの「ひ」

 今日から水無月

 年が明けて、ふぅ〜と息つくまもなく6月が始まった。6月といえば…、いえば…結婚した月だ。今年で何年になるのか考えたくはないが、2020年にサファイヤ婚式になるらしい。ツマラナイサイトによると、45年間夫婦を続けてこられたのは、お互いの誠実さと徳望と固い絆で結ばれていたからなどと書いてある。

 誠実さや徳望については本当に?そうなの?と思うが、固い絆(別名、腐れ縁)というのは…そうかもしれないなぁ〜と思わないでもない。絆などというものはあみだくじを引くようなものだと思う。必ず何かと結びついているが、それにたどり着くまではいくつもの角を曲がり時には逆戻りしたり…とすんなりは進めない。

 一応、結婚記念日は6月8日(婚姻届け出をした日)となっている。すんなり結婚したわけではないので、あくまで一応…だ。そう、すべてが…いちおう。

2018年6月 1日 9:41 | コメント (0)