優しさとは?

 朝日新聞の生活面の投稿欄「ひととき」に載った74歳女性の「優しさ満ちたバス」と題した投稿について、私は大いに疑問を感じた。3歳と4歳の孫娘の体操教室からの迎えを頼まれた投稿者、3歳児がバスに乗るときの「カードのタッチをやりたかった」とぐずり床に座り込んで泣き出した、いくつかのバス停を過ぎた頃、運転手が「次のバス停で降りてもう1度乗り直してよい」とアナウンスした、その言葉に甘えた投稿者、3歳児は満足し眠りに…。3歳児の願いを聞いてくれた運転手に感謝、混んでいたバスで騒がしい子どもに文句を言わず席を空けておいてくれた乗客に感謝。この事態を「ご迷惑をおかけしたが、心温まるうれしい出来事でした」と結んだ投稿者。
 走行中の車内の安全と秩序を維持するのは運転手の重要な仕事である。運転手は心優しさからこのような提案をしたのではないかもしれないではないか。さらなるトラブルを未然に防ぐための策だったのではないか。他の乗客は関わりたくなかっただけかもしれないではないか。内心では早く降りてくれ〜と思っていたかもしれない。
 3歳児であれば、公共の場でしてはいけないことはしっかりと教えなければならない。投稿者も大人としてやるべきことをやらず、恥ずかしげもなくこのような投稿をするとは…。このような投稿を掲載する新聞社も「〃」である。
 「ご親切に小さい子どもの願いを聞いて下さった運転手さん」と書く投稿者に心底呆れた。ソレは、子どもの願いではなく子どものわがままである。まず、大人がそう認識できなければ正しい判断も行動もできない。運転手の取った策は最善ではないが、言っても駄目だろうな…という時の手っ取り早さを優先した策だったと思う。

2018年4月 7日 8:23 | コメント (0)