尾を引く騒動

 大学入試センター試験の「地理B 第5問・問 4」のハナシである。朝日新聞の見出しはムーミンとビッケの舞台は――? それは難問だ、読売新聞の見出しは「ムーミン舞台、心の中」…フィンランド大使館であった。大学入試センターの挙げる正解と、ムーミン・ビッケ両アニメに関係する会社の見解、フィンランド・スウェーデン両大使館の発言、大阪大学大学院原語文化研究科スウェーデン語研究室の見解を並べ、大学入試センターに正答の根拠を聞いたという朝日新聞。フィンランド大使館への取材、大学入試センターは出題ミスではないか?という指摘に対して検証を進めているという内容を載せた読売新聞。
 それぞれのアニメの舞台がどこかということは出題の本筋ではないはず。「文章を読んで自分の考えを記述するのではなく、図やグラフから必要な情報を読み取り、一定の条件のもと、表現する力を求める」出題と捉えるのが本筋ではないか、と私には思える。あくまで「地理B 」の問題だということを心しておくことを忘れてはいけない。世界地図でフィンランド・スウェーデン・ノルウェーを見れば出題の意図の一端がわかる。問の文章の中に、3か国の文化の共通性と言語の違いを調べたとある。ここにも解答するときのヒントがある。図やグラフから必要な情報を読み取りは、問の文章と出題のアニメと言語の表を正確に読み取ることを指し、この場合の一定の条件のもとは、出題の中で得られた情報のみを用いてということだろうと思う。
 本筋でないところで受験生が騒ぐのは若気の至りで済むが、さまざまな立場の人たちがああでもないこうでもないと受験生の声に便乗するのはおとなげない。こんなブログを書く私も片棒を担いでいるではないか?というつぶやきが聞こえないでもないので、これにて退散。
正答の根拠を問われた大学入試センターが回答を発表するかどうかには関心はない。良問ではなかっただけだと思う。

2018年1月16日 10:13 | コメント (0)