おいしい福袋

 最寄り駅の駅ビルフードスクエアでは、"おいしい"がいっぱい詰まった福袋を初売りするという。アントステラのクッキーであったり、FLOやブールミッシュやワッフル・ケーキの店R.Lの焼き菓子であったり、新宿中村屋の和洋菓子であったり、モロゾフやユーハイムやメリーチョコレートのチョコレートや焼き菓子、バームクーヘンなどの入った福袋である。それぞれ限定数は決まっているが、どれも1080円で1700円分ほどの商品が入っている。
 福袋はまず買わないが、おいしい福袋はちょっと気をソソラレル。特に、チョコレートのメリーさん…。お天気もいいのでお散歩がてら行ってみることにした。リニューアルオープン時ほどではなかったがかなりの人出である。人気のお店は行列ができていた。「最後尾」のプラカードを掲げた社員らしき人が、あちらにもこちらにもいて客の整理をしていた。お目当てのメリーさんもかなりの行列だ。ふだんなら行列をしてまで…と思う私であるが、チョコレートには目がないし見境もない私は、おいしい福袋(^^♪おいしい福袋(^^♪とばかりにメリーさんの行列の最高尾に並んだ。社員らしき人が何度も残り個数を確認している。
 チョコレート(^^♪チョコレート(^^♪と思っているうちに順番が来た。無事に(欲深くはないので1個)買えたのである。この時点で、あと40個(150個限定)と店員さんが答えていた。心配だった賞味期限も、十分に先のものが入っていたので安心した。
 ひとり占めできるチョコレートである。コレを福といわないでどうする!?…とばかりに浮かれていると、心の隅でささやく声がする。「おすそ分け」という言葉もありますよ〜。そうだった、「おすそ分け」ができるという福もあるではないか…。今月末に息子が帰省したら「おすそ分け」しよう。そうしよう、そうしよう!
めでたし、めでたし…の福袋の顛末である。

2018年1月 2日 15:10 | コメント (0)