不心得者な私

 年に1度の避難訓練の日が間もなくやって来る。2年前のことはココに。安否確認のための「無事」ステッカーなるものが、先日マンションの防災会から配布された。大きな文字で「無事」と書かれたマグネットシートだ。震度6弱以上の大地震が発生した場合、無事なら玄関ドアの外側に付けよという。付いていない場合は、救助・救援が必要と判断するそうだ。
 地震は時間を問わず発生するものだ。必ずしも在宅しているとは限らない。これだけでは、救助・救援が必要な状態にあるのか外出中なのか判断できないではないか。マンションの玄関は奥まったところにあり、各戸の玄関が横一列に並んでいるわけでもない。確認にはかなりの人員が必要だ。とても効率的とは思えない。
 高齢者の多いマンションゆえまずは住民の安否確認をというのはわかるが、地震に関しては万全な準備などできないと私は思っている。状況に応じて臨機応変に助け合わなければ助かる命も助からないのでは…。そのためには、各自が自分にはなにができるかを常にシミュレーションするしかないような気がしている。

2017年10月27日 9:41 | コメント (0)