疲れ果てる

 要因はさまざまあるが、すっかり疲れ果てた。文字通り動けなくなるのだ。仕方なしに早寝をする。そして、いつも通りの早起きだ。朝は気力もありもう大丈夫だと思う。しかし、午後になると徐々に疲れがぶり返す…という毎日だった。「もう若くはないんだわ」どころの話ではなく、「あぁ、本当に歳をとってしまったのだ」と思う。
 そんな時に、『老齢基礎年金への加算金に関する手続きのお知らせ』なるハガキが届いた。何のことやらわからず、よくよく読んで少しわかってきた。だが、この手続きがかなり厄介である。請求手続きの手順を読もうにも文字が小さくて読みづらい。そのうえ、必要な書類がいくつもある。区役所へも行かねば、年金事務所にも行かねば…。こうして、「歳をとるというはこういうことが増えるということか」と思うが、思うだけでは十分ではない。納得しなければいけないのだろう、たぶん。

2017年9月21日 8:46 | コメント (0)