空(くう)

 辞任を表明し、記者団から「今の心境は?」と問われた防衛大臣は、開き直ったようすでひとこと「「空(くう)ですね、空(くう)」と言ったそうだ。「その心境は?」と重ねて問わねばその真意はわからないほど、空(くう)という漢字の意味するものは多い。むなしいだったのか、からっぽだったのか…。
 聞いている側からすれば、仏教でいうところの実体・本質のないことか、中身・根拠がない何もないことか…と思える。
 空(くう)というのは「今の心境」というよりは、この方の存在そのものを表す漢字ともいえる。地元PRのためとはいえ、取っ替え引っ替えしている伊達メガネは、メガネがなくては生活できない身にとってはいい気はしない。辞任したからといって今さら私たちが失うものは何もないほど空(くう)な大臣だった。そういう意味からすれば、空(くう)というのは言い得て妙である。

2017年7月28日 15:25 | コメント (0)