理解を求める

ペン
政治家の言葉、理解を求めるとは、実行するということ。

井原勝介さんは、「理解を求める」をこう定義しています。
<東京五輪・パラリンピック組織委員会長は11日、札幌市内で講演し、「競技場を2020年五輪のレガシー(遺産)として、50〜70年先も使える名所にしたい」と改築計画への理解を求めた。>と報道されています。
問題はソコではないんですけれどね。問題は、改築計画の内容なんですけれどね。
<2020年東京五輪のレガシーとして残そうというのが我々、スポーツ愛好者の考え方>との発言もあったそうですが、「我々、スポーツ愛好者」とは誰と誰と誰なのでしょうね。

スポーツ事の問題点を正確に理解していない人が、国民に理解を求めるとは是如何に。

2015年7月12日 8:51 | コメント (0)