近況

 ひしひしと年の瀬が忍び寄る。ラジオはクリスマスソングと第九になり、クリスマスケーキとおせちの予約はお早めに〜とにぎやかだ。私はといえば、何をしていたのだか...。具合が悪かったわけではないが、私の身辺は具合の悪い人ばかりである。腸の手術後の腸閉塞はやはり避けられずまた入院してしまった人、ダレからナンと言われようとタバコを手放せず、肺が完全にダメになってしまうのも時間の問題と言われてしまった人。私のストレスはたまる一方である。だが、負けるわけにはいかない、私の人生である。困ったね、本当に...と話しかけるネコさんがいないのがさびしい。

 今の精神状態と関係があるかないかわからないが、また漱石の「こころ」を読み始めた。何度目だろう、4度目になるだろうか...。古い色あせた文庫本である。

2012年12月23日 10:00 | コメント (0)