「われら」の時代、「みんな」の時代

 今朝の新聞に、『「みんな」の時代』と題して橋本治さんが寄稿していた(朝日朝刊9/28付け)。最近の社会の様相、たとえばロンドンオリンピックのメダリストの銀座パレード、反原発金曜デモ等から、『今や日本は「みんな」の時代に入っていると思う』と述べている。

 確かに...と私も思う。かつては「われら」の時代だったのに何故?と考えてみるに、それはあきらかに教育の結果だと思う。教育の成果ではなく、あくまでも結果。

 橋本さんの説によれば40年以上前の大学闘争の時代は既に「みんな」の時代が始まっていたという。この点についてはもう少し考えてみなければ、私にはよくわからないが、「みんな」の時代と「われら」の時代とでは政治のあり方が全く違ってくるというのはわかる。 

 「われら」の時代というときの「われら」に対するのは「国」であったり「政府」であったりする。だからこそ「われら」のひとりひとりの「我」が強固だ。だが、「みんな」の時代の「みんな」に対するのは個々の社会問題だ。この場合は"ひとりひとりの「我」"は強固になどなりえない(なる必要がない)のではないか。

 橋本さんは結論として(?)、【リーダーに必要なのは決断力と、同時に、「みんなの声を拾い上げる力」で、それは「みんなと喧嘩をしても平気な信念を持つ」である』と言う。そうであるなら、今後20年は無理だろう。教育を考え直しても、結果が出るのは早くても20年後。それまで「われら」はどうする?

2012年9月28日 9:15 | コメント (0)

G.Gの日

 今日は敬老の日、GGの日だそうで、本日の天声人語サンは『GGの皆さま、どうか必要を超えて蓄えず、国内の温泉あたりで費やし、日本経済を回してほしい』と言う。しかし、"必要を超えて"とはどの程度をいうのかが問題である。また、ホントウに必要を超えた分はジャンジャン費やすことのできる人がどの程度いるのかも問題である。

 日本では誰が言い出したのか知らないが、GGとはGrand Generationnoの略だそうだ。つまりジジババ世代ということか。イオンでは毎月15日はG.G感謝デー(55歳以上のイオンカード会員サマ限定)だそうだ。

 どちらを向いても金を使え〜とやかましいが、この先何年生きるのかも定かでないのに、そうそうキリギリスにはなれない...と思うのだけれど。

2012年9月17日 11:19 | コメント (0)

そんなこんなで、

 忍び寄ってくるものはいろいろあるが、老化現象もそのひとつ。気がついてから悲鳴を上げても遅いのだ。外出時は背筋を伸ばし膝を伸ばしついでにオナカを引っ込めて歩くよう気をつけているが、家の中ではまるで足が上がっていないことに気がついて愕然とした。愕然としたとしか言い表しようのないほど愕然とした。コレはいけない、と思った。

 暑いからと外出を控えれば歩く機会も減る。コレはいけない、と思った。でも、まだまだ暑い日が続く。とても図書館へ行く気にはなれない。日陰のない坂道など地獄である。

 そんなわけでまた文庫本を買った。新聞の広告に遭ったヤツ。

「六月の夜と昼のあわいに」(恩田陸・著 朝日文庫 2012年9月) 

帯にはこうある。『詞(ことば)と絵(イメージ)から紡がれた10の小宇宙。恩田ワールドの魅力が凝縮された作品集。』この作家のものは1冊も読んだことがないので、恩田ワールドといわれてもどんなワールドが繰り広げられるのか知らないが、『序詞 杉本秀太郎』となっているのだ。コレは買わねば、である。

 暑さのせいですっかり文庫本づいてしまったが、読むほうが追いつかない。寝る前に「さて、と」と開くのだが、5ページと続かない。たいてい3ページで眠くなる。そして、コレはいけない、とまた思った。

2012年9月10日 17:08 | コメント (0)

9月になれば

 いつまでも続く暑さのせいで月が代わっていたのにも気づかなかった...なんていうのはホントウではないけれど、ブログのことはすっかり忘れていた。そろそろ書いておかないとアノ人どうかしちゃったか?とオモワレカネナイ(ワタシ、ゲンキデスヨ)。

 新聞には「節電の夏、乗り切る」という見出しが踊っていた。東京電力に協力しようという気はまるで無く、ほんの少し意識を変えただけで先月の電気使用量は昨年の22%減だった。必要なときに必要なものに必要なだけ使うことにしただけだ。JR駅構内の薄暗いのには慣れたし、スイカチャージの機械が間引きして停止してあるのにも慣れた。

 「資源を大切に!」という標語は昔からいたるところに掲げてあった。知ってはいても身にしみてわかったのは最近のことだ。必要なときに必要なものに必要なだけ使うというのはたぶんものごとの基本、生き方の基本なのかも。

 電力不足の心配はなくなったが、今度は水不足だという。取水制限(利根川水系)が現実に始まるらしい。ワタシは水道水を平気で飲むが、水不足なら湧き水だの天然水だのと宣伝しているペットボトルの飲料水を買ったほうがいいのだろうか。でも、湧き水にしても川の水と同じ資源だ。雨不足で水不足となるのと同様に、雨不足で湧き水が枯渇するということはないのだろうか。

 先日、ベランダに1羽のスズメがやってみた。朝顔や風船かずらを眺めていたが、やがて溝にたまったエアコンの排水をのみ始めた。よほどのどが渇いていたのか、繰り返し飲んでいた。たっと見つけた水溜りだったのだろうか。ゆっくり飲んでいって...と、声を出さずに声をかけておいた。

2012年9月 8日 15:05 | コメント (0)