モノの基準

 重さの単位「キログラム」を定義する基準が見直されることが決まったという。「キログラム原器」というものがあって、それを1キログラムの基準としているそうだ。気にかけたこともなかったけれど、単位なんてそんなものなのだ。

 今朝の「天声人語」は、『地球がもし100cmの球だったら』という絵本によると、「直径1メートルに縮尺すれば大気の層はわずか1ミリしかない」という話だった。「すべての水はビール大瓶1本分。海水を除いて人が飲める水はスプーン1杯の量しかない」そうだ。それに対して、今現在「世界で1分ごとに約140人増えているそうだ」と言う。これだけ聞けば、誰もが「わぁ、大変だ」と思うことだろうが、地球を縮尺したなら増加人口数も縮尺しなければ論理としては正確ではない。

 似たような話はほかにもある。たとえば、日本ユニセフ協会のマンスリーサポートの「月々2千円の支援が1年でこどものための栄養補助食749袋になる」というCM。2千円といえば、ちょっと贅沢なランチの値段だ。だが、それは貧しい国のこどもを助ける栄養補助食749袋分の値段と同じだという。豊かな国?日本の2千円を貧しい国に持っていけばそういうことになるかもしれないが、だからといって、価値として同じとはいえない。

 私も、かつては毎年ユネスコ・アジア文化センターのカレンダーを買っていた。その収益は識字教育協力事業に使うということだった。こういう仕組みなら理解できるが、2千円のランチが栄養不良のこどものための補助食749袋分と同じなどという表現には抵抗がある。
 誰もが自分にできることをできる範囲でするということに何の異存もないが、世界共通の基準でモノをはからなければ正確ではない。単なる自己満足や思い上がりになることもあるのでは…
2011年10月26日 8:55 | コメント (0) | トラックバック (0)