10月の雨

 朝から冷たい雨が降っている。物悲しく心も寒くなる。都内では、駐車監視員への暴行事件が急増しているそうだ。「駐車監視員」の姿はよく見かけるが、その立場、権限等はほとんど知られていないのではないだろうか。私もよく知らないが、警察から委嘱されている…?

 同じようなものに、「路上喫煙等の防止に関する条例により、巡視員がその現場を確認次第、違反者から過料を徴収するというのがある。先日も、駅前で罰金を徴収されそうになった人が巡視員に食ってかかっていた。我が市の場合、「違反者に、直ちに過料を科す直接罰」となっていて、取締り地区内で喫煙しているのがばれると、巡視員が即刻、過料処分を行ってよいことになっている。

 違法駐車や路上喫煙に縁のない私でも、「駐車監視員」や「路上喫煙等・ポイ捨て取締り巡視員」に好感が持てないのは何故だろう。街中で行動を監視されたりして気分がいいわけがないからだろうか。



 さて、今日は久しぶりに図書館へ行った。眠りにつく前のひとときのために借りてきたのは、次の2冊。
「私の日本語雑記」(中井久夫・著 岩波書店 2010年)
「ものの考え方」(串田孫一・著 学術出版社 2010年)…「ものの考え方―哲学以前―」(要書房 1954年)を底本としている
2011年10月 5日 15:30 | コメント (0) | トラックバック (0)