あなたはどう思う?

 前回、「あなたはどうする?」と書いたが、実際はそれどころではなく「我が家はどうする?」である。調べてみると、一番古い扇風機はなんと17年も使っていた。たしかに、リモコンは利かないし首も振らない。エアコン設置の部屋で補助的に使用していたので、まぁいいか…と思っていた。30年、40年前製造の扇風機ほどには劣化が早くないとしても、17年はそろそろ要注意である。まぁ、私としたことが…、まぁいいか…と放置していた。だが、買い換えるとしても今は品薄、品切れ状態だというし、どうしたものか。

 みすず書房ニュースレター(no.76) の「菊坂だより」に、こんなことか書いてあった。
新宿のある書店で行われているフェアでのオススメ選書に、谷崎潤一郎・著『陰翳礼讃』を加えておいたそうだ。『あまり時間の猶予もなく、困った挙句、「計画停電もあるだろうし〔当時は〕今、暗さについて考えてみることも必要か……」などと、少々安易な思いつきで』…というのがその本を選んだ理由だったという。ところが、それが”よく売れている”のだそうだ。それを聞いてなぜ?と思い、久しぶりに読み返してみたところ、「やはり面白い」、だったという。そして、『そもそも、現代は明るく照らされすぎているのかも。とみに私のような地方出身者は、かつての夜の暗さを懐かしく感じることもしばしばあったななどと思いながら、その夜はあらためて名文を堪能した』と結んであった。

 昨夜の眠りにつく前の本は「父娘の銀座 ベスト・エッセイ2009」だった。その最初は、椎名誠「あかるい日本」だ。それによると、宇宙飛行士から聞いた話として「日本はその形がイルミネーションになってしまっているほどあかるい」らしい、という。それは、各国から集まってきた宇宙飛行士のなかではきわめて「恥ずかしい」風景であるらしい、という。そのあと、アメリカは全体は黒い闇で大都会の明かりはその中に点としてあるだけだという話とか、ヨーロッパではギラギラしたただ明るければいいという発想はないようだという話が続き、「人為的に明るすぎる夜を作っている日本の文化は、精神的には非常に不健全な現象を起こしている可能性がある」と結論付けている。そして、「夜更けになったら危険なので街を歩けない、という状態のほうがむしろ自然なのかもしれない」、という。「テレビは深夜放送をやめてもいいかも、コンビには本当はなくてもいいのかも」、ともいう。『事実これまでわたしたちはかなり長い年月、そういうものがなしでも十分満足して生活してきているのである』というのが、椎名さんの言い分だ。

 言うまでもないことだが、あかるさあっての闇であり、闇あってのあかるさである。『陰翳礼讃』はその認識あっての名文だろう。しかし、椎名さんのエッセイはあかるさと闇を対比させているように読める。私は闇夜に恋焦がれはするが、危険で歩けない街になるほどの闇はイヤである。「わたしたちはかなり長い年月、そういうものがなしでも生活してきている」というのは確かに事実だが、それを「十分満足して」してきているかどうかはわからない。極端に結論づけると、人間が何の変化も望まず常に十分満足してしまったら、人類は滅びるのではないか?
2011年5月27日 10:16 | コメント (0) | トラックバック (0)