嵐の土曜日

 台風12号は思った以上に強烈だった。こんなに強い風が吹き荒れるとは思わなかった。早めに片付けておいたはずのベランダの鉢がひとつ、ごろんごろんと転がった。おまけにきょうは月に一度の廃品回収日である。雨が止むのを待って出しに行った(エレベーターを使って3往復)が、ソレはソレは冷たい強風にシンソコ震えた。ついこの間までのあの暑さを体はまだ覚えているというのに…。

 そんな土曜日、改正臓器移植法施行後10例目の脳死臓器提供者が出たとの報道があった。こんなことを言うと、待ち望んでいる人たちからは嫌味だなぁと思われるのだろうが、「週末は脳死臓器移植の日」と決まったか?と思うような出来事である。

 ここまで日常的になると、脳死を宣告される人が1日にどのくらいいるのか、そのうちのどのくらいの割合の人が脳死判定を受けているのか、子どもの割合はどうなのか、そういったことを知りたくなる。でも、そんなことは公表する必要はないとされているのか、話題になることはないようだ。でも、私は知りたいなぁと思う。
2010年9月25日 14:59 | コメント (0) | トラックバック (0)