期待?

 あらよっと6月になったと思っていたら、ええっ?というまにハトヤマさんがやぁめた!と言い、へえ〜と思うまもなくカンさんが総理大臣と相成った。あわただしいことではある。

 さて、今度の首相は…?やはり順繰りになるべくしてなっただけ。本当は今必要とされる人が選ばれるといいのだが、今必要としているのはどういう人物か、それが誰にもわかっていないのかもしれない。どの人も帯に短し襷に長しである。では今必要とされている条件はなにか…と、そこから考えてもいいわけだが、そう考える人はあまりいないようだ。なにはともあれ、少なくとも今回の首相夫妻は海外へ行ったとき少しはさまになるかもしれない…と期待したい?

 g1.jpg さわやかな気候に誘われて、一昨日は「ルーシー・リー展」を見に出かけた。場所は六本木、国立新美術館である。サントリー美術館へは何度か行ったが、ここは初めて。誰とかさんご自慢の建築らしいが、あまり好みではなかった。

ルーシー・リーの器はどれも素敵だった。シンプルで華麗で器としての究極のかたちと言いたくなるようなものばかり。ルーシー・リーの自宅居間の写真も展示されていたが、インテリアはとてもシンプルである。なるほど…と納得がいく。買ってきた絵葉書を額に入れ玄関に飾った。

 先日までは、この額には奥村土牛の「泰山木」を飾ってあった。ミュージアムショップでこの額に入れる絵はがきを選ぶのも、美術館へ行くときの楽しみのひとつだ。
 来月はシャガールだ。早割ペア券も購入済み。この熱の入りようはどうしたことか…?
2010年6月 5日 10:10 | コメント (0) | トラックバック (0)