春が来る?来ない?来る?来ない…?

 雨水が過ぎると、ついに春が来たかと期待させるような陽気である。そろそろ冬眠も終わりにして…と思いつつ新聞をながめていると、朝日朝刊の投稿欄にちょっとばかり気にかかる投書が載っていた。

 小学1年の娘に歩いて30分もかかる店まで、「初めてのおつかい」に行かせた時の出来事だという。ニラ2束の買い物に千円を持たせたそうだ。母親がビールを買いに行かなくちゃと言うのを聞いていた娘は、ニラのほかに父親の好きなビール半ダースを下げて帰ってきたという。当然代金は千円では不足するが、「初めてのおつかいだからいい」と言われたと娘は言うが、慌てた親はお店に走り事情を聞いたそうだ。店の人の話では、後ろに並んだ年配の男性が不足分を出してくれたという。
 その出来事を母親は次のように締めくくっている。娘にとって思い出深いおつかいになったことだろうし、知らない人に親切にされたら名前をうかがうことを教える機会ともなった、と。

 水を差したり批判したりするつもりは毛頭ないのだが、この投書の見出しは、「初めてのおつかいに 思わぬ親切」となっていたところに私は少々引っかかる。私の目の前でそのような状況が展開したとしたら、さてどうするか?と考えた。
 確かに親切なおじさんではあるが、本当の親切とは、金額を計算しながら買い物をする方法をその場で丁寧に教えてやることではないかなぁ…と思うのだ(もし運悪く後ろに怖い人が並んでいたらどやされたかもしれないし、レジ係が余裕のない人だったら叱られたかもしれない。親切なおじさんだったのは、運がよかったというだけのこと)。

 もう一点気になるのは、小学生にビールを売った店が本当にあったのかということ。店側には、『未成年者の飲酒防止に資するため、年齢の確認その他の必要な措置を講じる旨の義務』があるはず。小学生の女の子だからおつかいだろうというのは思い込みに過ぎない。もし、未成年のお兄ちゃんやお姉ちゃんに買いに行かされていたとしたら? 

 元気をあげたりもらったり応援したりと言う言葉(表現)と同様に、「親切」という言葉もクセモノである、…なぁんて言う私は、ひねくれてる?
2010年2月21日 9:53 | コメント (0) | トラックバック (0)

寒いね

 必ずしも雨が嫌いというわけではないが、こうも天気が悪い日が続くと気が滅入る。今日はまたみぞれまじりの雨が降っている。寒い。そう、必ずしも寒いのが嫌というわけではないけれど、空はどんより灰色で寒いのは嫌い。どうにかならないの?と言いたくもなる。
 そのうえ、ラジオ(NHK-FM)のニュースの気象情報は聞くに堪えない。なぜおしゃべりする必要があるの?と言いたくなる。ほぉ〜、はぁ、いやぁ〜などと相槌を打つ必要がどこにあるの?…である。

 今日からカルガリー五輪が始まるらしい。スポーツに関心のない私には、腰パンがどうの、懲罰がどうの…とうるさいばかり。日本選手団の公式ウエアであるからには、それなりの着こなしが求められて当然と思うのは古い考え?
 「スポーツマンらしくしてほしい」とか「国民の代表としてあり得ない」といった苦情がJOCによせられているらしいが、「それほど腰パンが好きなら、腰パンスタイルでスノーボード競技に出場すればいい。できるものならやってごらん」、である。
2010年2月13日 8:44 | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘンな話

 「厚生労働省脳死移植研究班は、虐待を受けて脳死になった子どもからの臓器提供を防ぐ診断マニュアルの素案をまとめた」との報道があった。厚労省はそれをもとに診断マニュアルを作成するそうだ。

 「虐待を受けて脳死になった子どもからの臓器提供を防止するため」らしいが、私はそこに疑問を感じる。臓器移植を目的とした虐待は何があっても防がなければならないが、多くの大人の目から見過ごされ虐待された結果として脳死になった子どもを、何故臓器移植ドナーの対称からはずさなければならないのか? 
 「15歳未満の脳死臓器提供を認める改正臓器移植法」は7月に施行されるのである。虐待されただけでも痛ましいのに、さらに差別する必要があるのか?…と思う。子どもの脳死移植を是とするのであれば、どんな死に方をした子どもの同じに扱うべきでは?…と思う。虐待された挙句、そのまま葬り去られるのではあまりにも悲惨である。子どもの脳死移植を是とするのであれば、臓器移植を待ち望んでいる子どもの親から計り知れない感謝を受けられるほうがいいのでは?…と思う。

 子どもの虐待防止は別の問題であるはずだ。万一、脳死移植を目的とした子どもの虐待が発生してしまったとしたら、そのときは目的や理由が何であれ虐待したことを罰するのが筋である。被害者を差別する理由は、そこには何も存在しないではないか?…と思う。

 7月に施行される改正脳死臓器移植法にはおかしな点がいくつもある。親族優先制度もおかしい。あれもこれもと具体例を考えすぎである。法律なのだから基本の基本だけ、軸となる点だけしっかりと決めておけばいい、…と思うのだが?
2010年2月 7日 9:39 | コメント (0) | トラックバック (0)

もうすぐ春?

 2月に入ったとたんにこの雪。油断禁物…といっているかのようだ。太陽は出たが気温はまだ1度。寒い。そして、明日は節分。その次は立春。春はもうすぐ…。

 私は関心はないが、成田山新勝寺恒例の豆まきに朝青龍は欠席すると言う。「世の中を騒がせている人間を登場させてよいのか」という抗議が寺に殺到したらしい。なるほど、これが社会的制裁というものか、と思った。するべき人がするべきことをしないとこういうことになる。それが社会。しかし、それも過ぎるとリンチとなる。

 「だれが投げても豆に込められた福は同じです」と寺側は言っているらしいが、それならばそもそも人気者をずらっと並べての豆まきをする意味はない。
2010年2月 2日 9:10 | コメント (0) | トラックバック (0)