為残したことは為残したまま

 大掃除なんてしないわよ…と毎年思うのに、結局なんやかやしているのである。今日もちょっとここだけ…と思ったのが間違いだった。気がつくと10時頃までなんやかやしていたのだ。4時半に起床して、30分ほどの朝食と新聞タイムをとるとしても、10時半までの5時間半ほどは休むことなくなんやかやしていたのだ。気がつくと、ああ疲れた…となる。毎年のことだ。

 パソコンデスクの上を片付けたついでに、今年1年図書館で借りた本は何冊くらいか調べてみた。借りた本の題名が印字された貸出票は残してある。ざっと数えてみると、この1年は30冊くらいだった。寒い1月から3月の間は図書館へ行かなかったし、真夏の7月も行かなかった。
 若い頃は乱読するので年間100冊もどうということはないが、この年になってはもう無理なのだと実感した。気分が乗らなければ読めないし、目も疲れる。しかし、「この一冊」という本をじっくり読み味わうという読み方を知った。

 今年も残すところあと6日、チョコレートと本と数独を抱えて、さぁ冬ごもりだ。

 ん? ちょっと早すぎる?
2009年12月25日 15:33 | コメント (0) | トラックバック (0)