なにごともほどほどに

 11月もまもなく終わろうというのに、この暖かさはどうしたことだろう。ウールのセーターなど、まだまだ出番がやってこない。重いコートは要らず、薄手のジャケットでも重く感じるほどである。だが、やはり寒さは必要だ。寒さがやってこないことの弊害は、やがて私たちにのしかかってくる。

 驚くほどの円高である。1ドル360円と決まっていた時代を知るものにとっては、こりゃどうしたことじゃいな?と驚くばかりである。海外へ遊びに行く人はホクホク顔らしい。ドル買いに走る個人客も多いそうだ。確かに、それはひとつの手だ。しかし、それらの行動が日本全体の経済にどういう影響を及ぼすのか、私にはよくわからない。海外を相手に1ドル100円で商売をしていたのが、いきなり1ドル84円になれば大きな損が出ることくらいは、経済音痴の私にも理解できる。それは直接的には私たちには関係がないかもしれないが、やがてはその影響は巡り巡って消費者にのしかかるはずだ。

 海外でのショッピングやドル買いに走ることを誰も非難しないが(もちろん私も、ね)、今ここで重要なのはやはり政府の対策や如何に?ということのような気がする。
 経済産業相は「円高が景気のリスク要因になることは間違いない」と言い、金融相は「米国や国際社会に対応を求めるべきだ」と言い、国家戦略相は「日本自身がどうするか、国際的な協調のなかでどうするかということはある」と言っているそうだが、具体的にどういう対策を採るのか、それを早く示してもらわないことには何も始まらない。
2009年11月28日 9:58 | コメント (0) | トラックバック (0)