本の事情

 雨が降れば降ったで、じめじめを通り越してジドジド、空気を絞れば水滴が滴り落ちるのではないかと思うほどのうっとおしさである。では、これでどうだ!とばかりにかぁ〜あっと晴れれば、朝から30℃を超え、今度は熱気がまとわりつく。ベランダのゴーヤは朝に昼に夕に、水!水!水!と呻いている。

 そういえば、もう日本全国ほとんどの学校が夏休み。夏といえば、読書の夏休みではなかった、読書感想文の夏休みだ。今朝の朝日新聞には「be Extra Books」が挟まっていた。毎年恒例の「be Extra Books」である。昨年、私はこんなことを書いていた。今年はどうだったかというと…

 まず目に付いたのが、光文社古典新訳文庫の感想文コンクール2009開催中の広告である。「その感動をみんなに伝えよう!」という。本を読めば必ず感動しなくちゃいけないの?と、へそまがりな私が囁く。疑問に思ったこと、どうにも心にひっかかって仕方がないこと、そんなの変だと思うこと等等、そういうことを書いちゃぁいけないの?と、とんがった私が呟く。

 今回は、それぞれのコーナーの本の選者・解説者に注目してみた。「ライター」さんは、さまざまな媒体で作家インタビューやブックレビューを執筆しているという。「書評ライター」さんは、主に雑誌で活躍しているそうだ。それから、「書店員」さんは、そこいらの書店ではなく丸善丸の内本店、青山ブックセンター六本木店、ブックファースト新宿店の各店からだ。子供向け本の代表は、教文館子どもの本のみせ「ナルニア国」だ。そこで取り上げられている本は、どれも私はパスした。

 驚いたのは、「ヤングアダルト入門」だった。いまさら入門もないだろうに…と思ったのだが、なんといまでは「ヤングアダルトってどんなジャンルなんですか?」と聞く人がいるらしい。落ち着いて考えてみれば、それも無理ないことなのかもしれないと思えてきた。本だの小説だの文学だのといったところで、いまではヤングアダルト本が主流・本流の時代である。取り立てて分類するほどのものではないのだろう。そう…、これまで本流だと思い込んでいたものは、今ではクラシカルと呼ばれるのだった。
2009年7月30日 19:30 | コメント (0) | トラックバック (0)