あなたの購読誌は?

 道楽という言葉なら知っているが、ど楽などという言葉は知らない。意味不明な「どらく」とは、”朝日新聞がビートルズ世代に贈る、こだわりエンターテインメントサイト”なのだそうだ。夕刊を見ていたら、その「どらく」の広告が出ていた。いま流行のチェックシート形式の広告である。45歳以上であるとか、インターネットをよく見るとか、ひとつひとつチェックして当てはまる項目が多い人は、”上質こだわり派のためのライフスタイル発見サイト”「どらく」をどうぞ…という仕掛けである。広告というのは広く知らしめるものかと思っていたが、イマドキはそうではないらしい。対するのは「あなただけ」である。

 夕刊2面にいくと、「ノジュール」という、これまた意味不明のタイトルの定期購読雑誌の広告が出ていた。JTBから出ている雑誌ゆえ、旅の話題ばかりである。私自身は全く興味のない雑誌ではあるが、これは”50代からの自分ライフが3倍楽しくなる定期購読誌”というのが謳い文句である。

 どちらも、群れることも型にはまることも大嫌いな私とはどうしても相容れない種類のものだ。50代60代になると「どらく」を読んでライフスタイルを発見し、「ノジュール」を読んで我も我もと全国各地を旅するなど、ジンマシンが出そうなほど嫌だ。何歳になっても「私はわたし」と、とんがっていたい私なのである。

 問題はその「わたし」である。時として自分でも持て余す。
2009年7月14日 21:27 | コメント (0) | トラックバック (0)