自覚

 昨日、全国知事会議が開かれたという。その記事によれば、千葉県知事は15分ほどで”公務のため”退席したという。全国知事会議は公務ではないのか?それよりも優先させなければならない公務とは一体何なのか?なぜ公務が重なったのか?知事のスケジュール管理はどうなっているのか?15分で退席と聞いて「あら、そう…」で済ませられる問題ではない。

 初出席は千葉県知事だけではないらしい。大阪府知事も”初”だったという。報道によれば、かなり活発な議論が繰り広げられたらしい。それらの報道から察すれば、千葉県知事は勉強不足で議論についていけず退席したのではと勘ぐるしかない。

 産経ニュースの千葉版「熱血知事ダイアリー」をみると、昨日は「全国郵便局長会全国総会であいさつ」、「元陸軍騎兵第1旅団長の顕彰碑の除幕式に出席」で午前は終わり、午後一番に「都内で雑誌の取材」、その後「銀座ソニービルで南房総特産のヒマワリをPR」、そして公舎へ帰ればたぶんもう5時。

 前日に(たとえ一夜漬けであろうとも)お勉強して初の全国知事会議に備えるなどという気はまるでないらしい。初出席の感想を問われ、「国会とは違う雰囲気でおもしろいなと思った」と答えたという。呆れてものが言えないとはこのことである。千葉県民は恥ずかしい県知事を抱えたものだと、つくづく思う。
2009年5月19日 9:22 | コメント (0) | トラックバック (0)