音楽を聴く

 先日のこと、電車で向かいに座った女性(どう見ても私より年上に見えた)が、手馴れた手つきでiPodを操作していた。すごいなぁと、思わずお顔を拝見した。私など、あれがiPodというものなのねとやっとわかるようになったところだ。
 負けちゃぁいられないとCDをPCで聴く方法を教えてもらい、PCにCDを取り込んでいるところである。聴くのはPCのスピーカーからではなく、MDステレオシステム(Panasonic SC-PM77MD)というヤツのスピーカーからである。

 MDステレオシステムは、CDが5枚も入れられるなんてすご〜い!と買ったが、いつの間にか音がビュンビュン吹っ飛ぶようになってしまった。BGMだといってもそれでは聴きずらい。困っていたら、USBケーブルを持ってお助けマン…じゃなかった、若い人が助け舟を出してくれたというわけだ。
 よくよく見れば、リモコンにちゃんとUSBというボタンがあるではないか。改めて取扱説明書を開くと、「パソコンと組み合わせて使う」という項目があった。これは、目次の「もっと使いこなす」のところだ。この私も、一歩進んで「もっと使いこなす」のだ。

 さて、CDを取り込むという作業だが、1枚のCDを取り込むのにかかる時間はほんの3分ほどだ。30分で10枚、1時間で20枚…、ホイホイと取り込まれていくが、単純作業で1時間も続けてするのはつらい。チビリチビリと取り込んでいるところである。
 というのも、4月になってNHK-FMは一段とつまらなくなったのでCDを聴く時間が増えたからだ。月曜の朝っぱらから、落語家特有のおしゃべり(しかも関西弁混じりの)は聞きたくはない。

 ところで、iPodといえば高価なものと思い込んでいたのだが、「iPod shuffle(1MB)」は5800円だという。「クリップひとつで身に付けられる」「片手で簡単に操作できる」等々、私でも使えそうだ。もうすぐ母の日だし誕生日だし、「これ欲しいッ!」と言ってみようか。
2008年4月14日 9:12 | コメント (0) | トラックバック (0)