最後に残るのは?

 嘘の上塗りという言葉があるとおり、嘘のためには嘘をつき続けなければならない。そのいい例が、今回のイージス艦の事件だ。出るわ出るわと、嘘が出てくる。嘘と嘘は当然辻褄が合わない。それもとうとう行き着くところまでいったのか、ようやく事実らしきことがぽつぽつと出始めた。しかしそれはそれで、あきれるような内容ばかりだ。そのひとつは、時事通信の「あたご乗員、飲酒か」いう記事だ。いったい何を考えているのだろうか。
2008年2月29日 8:35 | コメント (0) | トラックバック (0)