おつき合いを始める

 私のビスタ君、その後はご機嫌を損ねることもなく働いてくれている。そのビスタ君はなかなかぜいたくらしくて、古いディスプレイでは「僕に似合わない」と言う。私のディスプレイはLCM-T157A/Sで、2004年10月で生産終了だ。私のビスタ君に言わせれば、「おいおい、今は2008年だぜ」ということらしい。「せめてこれくらいのものは使ってもらいたいね」と言う。「そうそう散財するわけにはまいりませぬ」というと、「考えておいてくれたまえ」とどこまでも強気だ。

 そんなビスタ君だが、寝付きも目覚めもとてもよろしいようで…。電源ポチッであっという間もなく眠りにおちるし、よく寝ていると思っても電源ポチッで即座に目覚める。
 「Windows Vistaでは、シャットダウンよりもスリープを使ってほしい」と、マイクロソフトはいっているそうだ。ビスタ君のスリープは、これまでのスタンバイと休止状態を組み合わせたモードなのだそうだ。自信満々で気位も高いと思っていたら、それなりにお利口だったのだ。
2008年2月25日 10:05 | コメント (0) | トラックバック (0)